家具・木製品製作 『木工 木の香』

オーダー家具 無垢の木で家具づくり その他日々の出来事いろいろ

<<コーナーに置ける3段棚  | ホーム | マスキングテープカッター>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルトップに白い木を使うことについて 

2011.12.10

一般的に白い木(栃・樺の白い部分・楓・ホワイトアッシュなど)で製作したものは
最初が真っ白なために、ちょっとしたことで汚れが目立ってしまいます。
(塗装がオイルフィニッシュの場合)

そのなかでも、毎日使用するテーブルトップが顕著だと思います。
毎日の使用で知らず知らずのうちに汚れや傷がついてしまいます。

テーブルの上でいろいろな作業をしますよね?
そのなかでも特に気をつけていただきたいのが、新聞紙です。

テーブルに広げて読まれますと、新聞のインクがテーブルに付き簡単には取れなくなってしまいます。
使い始めのときはかなり気をつけたほうがいいと思います。

それでも白い木をテーブルトップに使いたい!と思われる方は、
ちょっとした汚れや傷は気にせず(最初のうちは気になると思いますが…)にどんどん使っていただいて
『ゆっくりテーブルを育てていく。』という気持ちで接していただければと思います。

(追記)
真っ白ではなくなってしまいますが、
少し着色・染色し、薄い茶色にすることで、汚れを目立たなくする方法もあります。

または、塗装をウレタン系のものにするか…です。
木の香では、ウレタン系の塗装はおすすめしていません。
(ウレタン系の塗装をお勧めしない理由は、木の質感がなくなってしまうからです。
ウレタン系の塗装についてはのちのち書きたいと思います。)

タグ : 塗装 オイルフィニッシュ ウレタン 白い木 テーブルトップ

コメント

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

ありがとうございました。 

たんさま

昨日は来ていただき、ありがとうございました。
また、気軽に遊びに来てください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinoko90.blog116.fc2.com/tb.php/23-0e3f1781

 | HOME | 

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。